日本バイオマス発電 株式会社

防災用 自家発電装置

「東日本大震災」により被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。

被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

 

「テレビ・新聞等マスコミ報道で見る被災者の声、医療介護施設の状況、

                                      避難所の実情・・・・」

 

”暗闇のパニック!” ”エレベーター停止!” ”閉じ込められた患者!” ”停電で患者死亡!” ”非常用発電機30%故障” ”人工呼吸器ストップ!” ”寒さが凌げない!”

 

「まさかこれ程!」「想定外!」「忘れたころに!」

大災害が起こる度に繰り返される発言です・・・・・

 

今こそ、患者や高齢な療養者の生命を預かる病院、介護施設の皆様に最適な「防災型発電装置」の導入を心よりお願い申し上げます

 

            

        〈参考写真〉                             〈参考写真〉

 

 

防災用「自家用発電装置」 NBP-200概要

(その他、容量等あります)

1、 単独運転型(停電時自動全電源稼働システム

2、 出力 165Kw   210V  50Hz60Hz

3、  超低騒音型ボンネット(弊社オリジナル) 

           70db以下(世界最低レベル/当社調べ)                                          

4、  低排煙システム(黒煙がほとんど出ません

5、  オイルタンク搭載  (燃料サービスタンク 搭載

6、  ネフロンシステム搭載・バッテリー活性装置付属非常時

                                 瞬間起動)

7、  特許遠隔監視システム HMI 搭載

8、  サイズ/重量  約D1500×L3300×H2000   約2.7

 

 

弊社「防災用」自家発電装置の10大特徴

 

1、「初期投資なし」で安心・安全の設備導入

  万一に備えた保安・保険機能を常備できます。

 

2、月間必要経費「約18~25万円(施設規模等により差があります。)

   リース(10年)契約・最少の経費で対応

 

3、特許「遠隔監視体制」で運転・安全管理

   遠隔監視システムでメンテナンスも楽々。

 

4、「騒音最小化対策」も万全(約70db以下の超低騒音)

  非常用発電機のような大騒音は発生しません。

 

5、「煤煙最少化対策」も万全(燃料の不完全燃焼を回避)

   ネフロン投入効果で瞬時起動、完全燃焼

 

 

6、停電時の「防災用予備電源」

  既設「非常用発電機」は短時間・又スプリンクラー専用です。

 

7、電力会社の「全電源」をフルカバー

  電力会社との契約電力の停電時・代替電源です。

 

施設の「多様な電力用途」をフルカバー

  エレベーター・空調・照明・パソコン等の全てに対応(協議)

 

9、停電期間3日~5日「連続運転」が可能

   停電が長期に及ぶ場合を想定した燃料供給

 

10、「休止中」もネフロン稼働で常に「起動OK」状態

   ネフロン(機械の腎臓機能)装備により些細な故障もなくなりました。

 

 

●パンフレットはこちら