日本バイオマス発電 株式会社

グリーン電力証書システムの概要

グリーン電力証書システムとは、風力、水力、バイオマス(生物資源)などの自然エネルギーにより発電された電力を、企業などのお客様が自主的な環境対策のひとつとして利用できるようにする仕組みです。

 

自然エネルギーの価値

 

太陽光・風力・バイオマスなどの自然エネルギーによる電気は、「電気そのものの価値」の他に、省エネルギー(化石燃料)・CO2排出削減などの価値を持っています。これを「環境付加価値」と呼んでいます。

 

 

この「環境付加価値」を「電気」と切り離して「証書」という形で取引することを可能にしたのが、「グリーン電力証書」システムです。

電力会社から供給される電気に、このシステムを利用して自然エネルギー発電による「環境付加価値」を加えていくただくことにより、使用されている自然エネルギーにより発電したグリーン電力とみなすことができます。

 

 

 

グリーン電力証書とは

 

グリーン電力証書システムは、自然エネルギーにより発電された電気の環境付加価値を「グリーン電力証書」という形で取引し、証書を保有する企業・団体は、記載されている発電電力相当の環境保全を行い、自然エネルギーの普及に貢献したといえます。

発電設備を持たず、CO2削減等自然エネルギー(環境付加価値部分)を利用でき、企業・団体等のお客様が参加できる自然エネルギーの利用、地球温暖化につながる仕組みとして関心が高まっています。

 

 

 

 

 

 

 

①お客様は、日本自然エネルギーにグリーン電力(環境付加価値)利用の契約をします。

                                

②日本自然エネルギーは、グリーン電力認証機構の設備認定を得た 自然エネルギー発電事業者に発 

 電を委託します。

                                                                         

③自然エネルギー発電事業者は発電の実績(環境を改善した実績)を日本自然エネルギーに報告

 します。

 

④日本自然エネルギーは報告を受けた発電実績をグリーン電力認証機構に申請し、認証を受けます。


 

⑤日本自然エネルギーはお客様に発電実績、発電期間等を記した「グリーン電力証書」を発行します。お客様は発電実績に応じて費用を払います。


⑥自然エネルギー発電による電気自体は、地域の電力会社へ売電                                              又は発電業者自ら使用されます。

 

●環境付加価値と電気自体を分離して「グリーン電力証書」として取引すること で、電力会社のエリアにかかわらず、最も効率的な自然エネルギーの利用が可能となります。

●グリーン電力証書に記載された電力量を、換算係数を用いてCO2の削減量に換算し、自主的な環境対策として活用できます。
   例えば、グリーン電力証書 100万kwh⇒CO2削減効果 約390トン
   (※電気事業連合会の2003年全電力平均CO2 排出原単位(発電端)0.389㎏-CO2/kwhにより算出)
   環境報告書・CSRレポート等への記載や、ISO14000シリーズの取得・更新にもご利用頂けます。

 

 

 

発電業者のメリット

 

●電気自体の売電収入の他に、環境環境付加価値の提供による収入が得られ、これらにより設備を運営・増強等行えます。

●「グリーン電力証書システム」を通じて、多くの企業のCO2削減、環境改善に貢献出来ます。