日本バイオマス発電 株式会社

再生可能エネルギーの産業としての価値(資源エネルギー庁資料)

〇再生可能エネルギー関連産業の育成は、高品質なエネルギー産業を国内に立地させるというエネルギー政策上重要であると同時に、新たな産業分野であり、今後大きな成長が期待されるものとして価値がある。

 

〇原料メーカーから太陽電池メーカー、周辺機器メーカー、住宅メーカーから工務店に至るまで様々な事業主体が関わる太陽光発電産業を例として、再生可能エネルギー関連産業は、裾野が広いこと、地域経済との関係が大きいことなどの特色を持ち、高い経済効果や雇用効果が見込まれる。

 

〇我が国再生可能エネルギー関連産業の育成は、競争力のある産業の国内立地を推進することにつながるものであり、環境と経済成長の両立の観点からも重要。

 

〇再生可能エネルギーの全量買取制度の実施などによる再生可能エネルギーの導入拡大を通じて、2020年までに新たに50兆円を超える環境関連産業の市場と140万人の雇用を創出することを目指す。